おせち料理の詰め方

おせち料理は重箱につめられることが多いのですが、
理由もあるのがご存知でしょうか?

めでたさや幸せが積み重なるように

という願いがこめられるのです。


こうした事はぜひとも知っておいて、
次の時代にも伝えて行きたいですね。


段数は現在では2段、3段のものもあり、
さまざまな用途で使われたりしていますが、
正式には5段重ねとされています。
おせち料理の詰め方 重箱仕切り方
おせち料理を重箱に詰めるとき 何をどのお重に詰めるかは5段の場合と3段の場合で 説明をしました。 実際に詰めるに当たっては それぞれのお重に5種類、7種類、9種類の品を 詰めていくことになりますし、 それぞれの料理の室によっては味が混ざり合
おせち料理詰め方(重箱)
重箱につめる場合、 5段あるのが本来の姿で、 それぞれの段の呼び名を 上から一の重、二の重、三の重と呼び、 4番目は特別に与の字をあて、 与の重、そして五の重と呼びます。 5段の場合は五の重は、料理をつめず 空にしておき、年神様から授かっ