おせち料理詰め方(重箱)

重箱につめる場合、
5段あるのが本来の姿で、
それぞれの段の呼び名を
上から一の重、二の重、三の重と呼び、
4番目は特別に与の字をあて、
与の重、そして五の重と呼びます。


5段の場合は五の重は、料理をつめず
空にしておき、年神様から授かった福を
つめる場所とするのがしきたりです。


三段の場合はすべてのお重におせち料理を入れていきます。


中に詰める物は、
一の重は祝い肴
二の重は口取りと酢の物
三の重は焼物
与の重は煮物とし、
五の重は空にしておくのが本来ですが、
最近は、よく食べるものや予備の料理を入れておくこともあります。


三段中の場合は
一の重に祝い肴と口取り
二の重に酢の物と焼物
三の重に煮物をつめます。

それぞれのお重につめる品数は
縁起の良いとされる5、7、9種にしましょう。