おせち料理の種類

おせち料理は、基本として、
祝い肴三種(三つ肴、口取り)、煮しめ、酢の物、焼き物の4種で構成されます。


そして、その内容は、地方によって若干異なります。


たとえば、三つ肴の内容は
関東では黒豆、数の子、ごまめ(田作り)の3種であり、
関西では黒豆、数の子、たたきごぼうの3種である点などです。

そして、一つ一つの料理や、
材料に、生活の中から意味を求め、
それを正月という節目に食するものとなっています。

最近では、和風、洋風、中華風、和洋折衷など
さまざまな形で構成されるようになっていますが、
食材や料理にこめられる意味は変わっていません。
おせち料理種類 酢の物
どこの国の料理でも結構酢の物があるのでしょうか。 日本料理では1品として、酢の物は欠かせません。 おせち料理にも酢の物は入りますね。 おせち料理で供される酢の物は、最初の三つ口に入れる たたきごぼうをはじめとしていくつか種類があり、
おせち料理種類 焼物
おせち料理の焼き物といえば、 やっぱり焼き魚でしょうね。 塩焼き、照り焼き、味噌漬けを焼いたものなどいろいろ、 魚の種類としては、定番はぶりで、 海老、鯛、さわら、たまにうなぎと言うのもあるようです。 鰤(ぶり) ぶりは、塩焼きより
おせち料理種類 煮物
おせち料理では、その食材や出来上がった料理にそれぞれ意味を持たせているのはこれまでもご紹介したとおりです。 おせち料理は事前に準備をして、当日は火を使わず出すことが基本ですから、保存できるようなものが多くなっています。 その中での煮物というと、煮し
祝い肴三種(口取り)
 おせち料理の前菜にあたる祝い肴三種のうちの口取り。  この名で呼ばれるものに  紅白蒲鉾、伊達巻、かち栗、栗きんとん、おたふく豆などがあります。  この口取りには、いくつか意味がありますが、  おせち料理では「酒の肴」という意味にあた
祝い肴三種(三つ肴)
お節料理というのは、 今風に言うと、コース料理、会席料理のような 手順で供されるものでした。 その順に供する手間を省くために、 お重に入れられていますが、 本来は順番があるものです。 まずは、祝い肴三種。 前菜とでも言うのでし