祝い肴三種(三つ肴)

お節料理というのは、
今風に言うと、コース料理、会席料理のような
手順で供されるものでした。


その順に供する手間を省くために、
お重に入れられていますが、
本来は順番があるものです。


まずは、祝い肴三種。

前菜とでも言うのでしょうか、三つ肴と口取りに分かれます。

三つ肴は、関東と関西で1品だけ種が異なります。

共通なのは、黒豆と数の子、
もう一品が関東ではごまめ、関西ではたたきごぼうとされます。

現在は、核家族化が進み、また流通が発展し、
入り混じっているようです。

時には両方というのもありですね。


煮物にされた黒豆は
「一年中元気、勤勉(まめ)に働けますように」との意味をこめています。
黒色は邪除けの色とされています。


数の子は卵の数が多いことと、ニシンを二親にかけ
子孫繁栄、豊作を願う意味を持ちます。

ごまめは「五万米」と書き、田作りとも呼ばれます。
材料はイワシの子で、これは昔はカタクチイワシを干したものを
肥料に使っていたことから、五万表もの米が摂れ、
豊作となりますようにと祈願したことからといわれています。


たたきごぼうは、酢ごぼうとも言います。
ごぼうをすりこ木などでたたき柔らかくしたものを
酢に浸して作ったもので、瑞鳥(ズイチョウ)と呼ばれる
鶴や鳳凰などめでたいことを運んでくる鳥をあらわします。
豊作を願って食べるといいます。

ごぼうは黒く、地中深く根を張ることから縁起が良いのですね。


こういうことは、ぜひ子供たちにも伝えて行きたいことだと思います。