おせち料理種類 酢の物

どこの国の料理でも結構酢の物があるのでしょうか。

日本料理では1品として、酢の物は欠かせません。

おせち料理にも酢の物は入りますね。


おせち料理で供される酢の物は、最初の三つ口に入れる
たたきごぼうをはじめとしていくつか種類があり、
紅白なます、ちょろぎ、酢レンコン(酢蓮)などが代表的でしょうか。


紅白なます

大根と人参という紅白の野菜を用いた酢の物で、
水引をかたどるものが多いです。

同じ紅白を彩るために、唐辛子、かぶらを使ったものも
ありますね。


ちょろぎ

ちょろぎというのは、シソ科の多年草です。

食用となるのはその根の部分で、
これをシソ酢で赤く染めたもの。

黒豆と一緒に盛り付けられています。

ちょろぎは、「長老木」、「長老喜」と漢字を当てはめることができ、
長寿を願うものとして使われています。


酢レンコン、酢蓮(すばす)

紅白なますと並んで、おせちの酢の物の定番ですね。

両方をおせちとして準備する家庭も多いようです。

レンコンの酢の物でが、手間をかけ、レンコンを花形に切り、
外側を赤シソで染めて紅白にするときれいです。

煮しめのところでも紹介していますが、
レンコンにある穴が、将来の見通しがきくことを示し、
縁起がかつがれているようです。