おせち料理種類 焼物

おせち料理の焼き物といえば、
やっぱり焼き魚でしょうね。

塩焼き、照り焼き、味噌漬けを焼いたものなどいろいろ、
魚の種類としては、定番はぶりで、
海老、鯛、さわら、たまにうなぎと言うのもあるようです。


鰤(ぶり)

ぶりは、塩焼きより照り焼きにすることが多いですね。
ご存知の方も多いように、
ぶりは大きさによって呼び名の変わる出世魚。
関東ではワカサ→ハマチ→メジロ→ブリ
関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリですね。
出世魚の代表格の鰤をいれることで、出世を祈願します。




鯛の場合は、切り身にせず、尾頭付きが縁起が良いとされ、
重箱には入れず、一尾を塩焼きにして大皿などの別の器に盛り付けます。
タイはめでたいという語呂合わ、
また、恵比須が鯛を持っていることからも、
鯛は神様へのお供え物(神饌)とされています。


海老

家庭では、車えびを使うことが多いですが、
もともとはイセエビを使っていたようです。
お取り寄せのおせち料理では、イセエビも多いですね。

ひげが長く腰が曲がった海老は長寿の象徴とされ、
また、海老は脱皮をし成長しますので、
出世を願うものとされています。


鰆(さわら)

鰆も出世魚とされ、ブリの代用として用いられるようです。
身が柔らかいので西京漬けなど味噌漬けにしたものが多いです。




うなぎをおせちにもちいるようになったのは
最近のことのようです。
うなぎのぼりなどの言葉のように、
出世を願うものとして入れます。

白焼き、蒲焼どちらでも良いようですが、
暖めて食べたい食材ですね。


おせち料理というものが本来日本の文化であったため
焼き物は魚が主流ですが、最近の和洋折衷のおせちには、
焼き豚や、ローストビーフなどが入っていますね。